ジャンパー

ジャンパーは元々仕事着だった

ジャンパーというと元々はイギリスのハリントンジャケットと言うものが原型でした。素材も綿やウール、ポリエステルなど様々なものからできていて、それが日本でジャンパーとして流行したのです。日本でのジャンパーは元々は仕事着の扱いでした。デザインよりも機能性を重視しており、簡単に着れてしかも暖かい。さらに動きやすいという上着のひとつです。
それが時が経つにつれてデザインも重視されるようになり、それと共に仕事着というところからファッションアイテムのひとつとなります。様々なカラーや形が出てきて、その頃から老若男女みんなが着るようになったのです。革でできた革ジャンや横須賀で流行ったスカジャンなど、特徴のあるものも増えてきて、少しずつ進化をしているのです。ジャンパーの良いところとして、季節をあまり問わずに着れるところではないでしょうか。
暑い夏以外であればいつでも着れる上着となっています。今ではブルゾンやコートなども前線に出てはいますが、やはりジャンパーは今でも愛されていることは事実です。最近ではジャンパーという言葉を聞かなくなりましたが、単にジャンパーと言っていた世代が年を重ねてしまっているだけで、しっかりと今でも進化しております。

インフォメーション

ジャンパーは元々仕事着だった

ジャンパーというと元々はイギリスのハリントンジャケットと言うものが原型でした。素材も綿やウール、ポリエステルなど様々なものからできていて、それが日本でジャンパーとして流行したのです。日本でのジャンパーは元々は仕事着の扱いでした。デザイ…

more...

ジャンパーの歴史

ジャンパーにはいろいろなものがあり沢山の種類があります。冬の一番寒い時に来たりするジャンパーや春のそんなに寒くない時に着るものなどたくさんあります。いつも何grなく似ているジャンパーにはいったいどんな歴史があるのでしょうか。ジャンパー…

more...

ジャンパーでいろいろコーディネート

ジャンパーと言えば男性の服、作業用の服というイメージが強かったような気がします。実際少し前は、お店に行っても女性用のジャンパーのおしゃれなものはなく、少し野暮ったい、年齢より老けて見えるようなデザインのもが多かった気がします。しかし、…

more...

ジャンパーの種類とスタイル

一言でジャンパーと言っても様々な種類があります。最初は作業着として着るものだったジャンパーですが、デザイン製も優れてきて、色々な形が出てきました。まずは革ジャン。革でできた、丈夫で風も通しにくいので防寒製は抜群です。体にフィットするよ…

more...