ジャンパー

ジャンパーでいろいろコーディネート

ジャンパーと言えば男性の服、作業用の服というイメージが強かったような気がします。実際少し前は、お店に行っても女性用のジャンパーのおしゃれなものはなく、少し野暮ったい、年齢より老けて見えるようなデザインのもが多かった気がします。しかし、最近の出回っているジャンパーは大変おしゃれでボトムを選ばずに着れるそんな素敵なデザインになってます。一番はデザインがタイトになりました。
カラーも作業着を連想するような色合いでなく、ジャンパーでもシフォンスカートと合わせる!そんなおしゃれコーディネイトができます。ジャンパーはタイトなデザインになってもあまり年齢を気にせず着れると思います。年齢が高くなるとスカート丈が長く、ワイドなパンツが履きやすくなってきます。しかし長いスカートでもワイドパンツでも年齢に関係なく合わせて着れます。とても重宝するアイテムです。
一着あればいろいろコーディネイトが楽しめます。一着だけジャンパーを持つなら持っているボトムの色合いで決めたらいいと思います。大きくわけて寒色系か暖色系かどちらがいいか考えます。私はボトムは寒色系が多いので合わせやすい、カーキやベージュを選ぶと思います。そして季節の装いとしてスカーフ、ネックレスなどで小物アイテムをプラスするといいです。そうしたらもっと違った感じに仕上がり楽しめます。

インフォメーション

ジャンパーは元々仕事着だった

ジャンパーというと元々はイギリスのハリントンジャケットと言うものが原型でした。素材も綿やウール、ポリエステルなど様々なものからできていて、それが日本でジャンパーとして流行したのです。日本でのジャンパーは元々は仕事着の扱いでした。デザイ…

more...

ジャンパーの歴史

ジャンパーにはいろいろなものがあり沢山の種類があります。冬の一番寒い時に来たりするジャンパーや春のそんなに寒くない時に着るものなどたくさんあります。いつも何grなく似ているジャンパーにはいったいどんな歴史があるのでしょうか。ジャンパー…

more...

ジャンパーでいろいろコーディネート

ジャンパーと言えば男性の服、作業用の服というイメージが強かったような気がします。実際少し前は、お店に行っても女性用のジャンパーのおしゃれなものはなく、少し野暮ったい、年齢より老けて見えるようなデザインのもが多かった気がします。しかし、…

more...

ジャンパーの種類とスタイル

一言でジャンパーと言っても様々な種類があります。最初は作業着として着るものだったジャンパーですが、デザイン製も優れてきて、色々な形が出てきました。まずは革ジャン。革でできた、丈夫で風も通しにくいので防寒製は抜群です。体にフィットするよ…

more...