ジャンパー

ジャンパーの種類とスタイル

一言でジャンパーと言っても様々な種類があります。最初は作業着として着るものだったジャンパーですが、デザイン製も優れてきて、色々な形が出てきました。まずは革ジャン。革でできた、丈夫で風も通しにくいので防寒製は抜群です。体にフィットするようにできているので、バイカーの方のアイテムともなっております。バイカーが着るとライダースジャケットとも言われます。そしてジージャン。デニム素材でできたオシャレのできる上着です。防寒のためにも着こなしのひとつとしても使えます。春や秋には使い勝手の良い一枚となるでしょう。
スカジャン。横須賀に駐在する米軍基地で作られたジャンパーです。日本をイメージしてバックに竜や虎の刺繍が入っており、それが横須賀から流行り始めました。デザインもデザインなので、少々威圧感もあります。やはり少し元気な方が来ているイメージが強いですね。名前は似ていますがスタジャン。野球の選手がユニホームの上に着るジャンパー。スタジアムで着るジャンパーとして作られました。今ではスタジャンそのものがユニホームのひとつとして使っていることも多いです。ただスタジャンは和製英語なので海外では通じないでしょう。このようにジャンパーにも色んな意味とスタイルがあるのですね。

インフォメーション

ジャンパーは元々仕事着だった

ジャンパーというと元々はイギリスのハリントンジャケットと言うものが原型でした。素材も綿やウール、ポリエステルなど様々なものからできていて、それが日本でジャンパーとして流行したのです。日本でのジャンパーは元々は仕事着の扱いでした。デザイ…

more...

ジャンパーの歴史

ジャンパーにはいろいろなものがあり沢山の種類があります。冬の一番寒い時に来たりするジャンパーや春のそんなに寒くない時に着るものなどたくさんあります。いつも何grなく似ているジャンパーにはいったいどんな歴史があるのでしょうか。ジャンパー…

more...

ジャンパーでいろいろコーディネート

ジャンパーと言えば男性の服、作業用の服というイメージが強かったような気がします。実際少し前は、お店に行っても女性用のジャンパーのおしゃれなものはなく、少し野暮ったい、年齢より老けて見えるようなデザインのもが多かった気がします。しかし、…

more...

ジャンパーの種類とスタイル

一言でジャンパーと言っても様々な種類があります。最初は作業着として着るものだったジャンパーですが、デザイン製も優れてきて、色々な形が出てきました。まずは革ジャン。革でできた、丈夫で風も通しにくいので防寒製は抜群です。体にフィットするよ…

more...