ジャンパー

ジャンパーの歴史

ジャンパーにはいろいろなものがあり沢山の種類があります。冬の一番寒い時に来たりするジャンパーや春のそんなに寒くない時に着るものなどたくさんあります。いつも何grなく似ているジャンパーにはいったいどんな歴史があるのでしょうか。ジャンパーは日本ではジャンバーと言われることが多いです。また英語でジャンパーはエプロンやセーターの意味があります。呼び方一つでもいろいろあって興味深いです。今のジャンパーの形の原型がハリントンジャケットと言われるものです。それの形は前にファスナー化ボタンがついていて今のジャンパーとあまり変わりはなさそうです。
ハリントンジャケットの素材はコットン、麻、革、化学繊維などいろいろなものが材料になっているが、比較的素材の重量が軽いものを選んで使っていたそうです。私たちが普段何気なく来ているジャンパーはいろんな呼び名があったり、たくさんの素材から作ることができたりします。身の回りにあるものの歴史について調べてみてこんな意味があったのかと新しい発見をすることができます。ジャンパーの歴史がわかったので今度自分のジャンパーを着ることがあったらどんな素材でできているかなど考えてみることもいいです。

インフォメーション

ジャンパーは元々仕事着だった

ジャンパーというと元々はイギリスのハリントンジャケットと言うものが原型でした。素材も綿やウール、ポリエステルなど様々なものからできていて、それが日本でジャンパーとして流行したのです。日本でのジャンパーは元々は仕事着の扱いでした。デザイ…

more...

ジャンパーの歴史

ジャンパーにはいろいろなものがあり沢山の種類があります。冬の一番寒い時に来たりするジャンパーや春のそんなに寒くない時に着るものなどたくさんあります。いつも何grなく似ているジャンパーにはいったいどんな歴史があるのでしょうか。ジャンパー…

more...

ジャンパーでいろいろコーディネート

ジャンパーと言えば男性の服、作業用の服というイメージが強かったような気がします。実際少し前は、お店に行っても女性用のジャンパーのおしゃれなものはなく、少し野暮ったい、年齢より老けて見えるようなデザインのもが多かった気がします。しかし、…

more...

ジャンパーの種類とスタイル

一言でジャンパーと言っても様々な種類があります。最初は作業着として着るものだったジャンパーですが、デザイン製も優れてきて、色々な形が出てきました。まずは革ジャン。革でできた、丈夫で風も通しにくいので防寒製は抜群です。体にフィットするよ…

more...